GIS研究会



GIS研究会はGISに関する自由なテーマのもとに発表する研究会です.当分野のゼミ生,スタッフの発表だけでなく,学外の企業・研究機関などの方もお招きし,幅広い知見からの討論を真剣かつ,自由な雰囲気のもとに展開しています.発表テーマはGISや操作方法,ツールの紹介,GIS関連業界の動向の紹介など多岐に渡ります.また,本研究会は学外の方のご発表・ご聴講も歓迎いたします.お問い合わせはGIS研究会担当(木村) kimura_sis_tukuba at yahoo.co.jp (atは@にしてください)までご連絡ください.

                                                           

11月24日

呂 曉凱(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Udigについての紹介―

劉斐(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

MAPGISの紹介とその活用

Darshana Sumudu(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Esri city engine

11月17日

紀 E(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

SAGA GISの機能紹介―

デルドウリアハメド(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGISエンジンを用いたGISデスクトップ分析の発展:モロッコのBouregreg盆地の洪水予測への適用

鄭紫来(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGISの都市ネットワーク分析ツールボックス

10月20日

土田雅代(ESRIジャパン)

ArcGIS10.4およびArcGIS Online(アプリ含む)の新機能の紹介

9月29日

秋元菜摘(東京大学大学院総合文化研究科・学術研究員)

アクセシビリティに基づいたコンパクトシティ政策に関する論考―青森市と富山市の事例検討より

8月4日

Dr. Rajesh Bahadur Thapa(JAXA)

Let's SARとPALSARモザイクを用いた土地利用・被覆分類の紹介

7月21日

Siriwardana Halgamage Malinda(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatial evaluation of trails in protected areas of Sri Lanka: A case study of Sripada mountain in Peakwilderness

7月14日

Gong Hao(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地球科学研究におけるGoogle Earth Engineの有用性

6月16日

Ronald C. Estoque(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatial Analysis on Land Use/Cover Changes using TerrSet, IDRISI

5月19日

Ms.Tuchida(ESRI JAPAN)

ArcGIS Online の最新情報、現地調査アプリケーション、ArcGIS Pro について

5月12日

Ranagalage Manjula(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

GIS based decision support system for Sri Lankan agriculture sector

Matamyo Simwanda(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Monitoring the urban growth pattern and intensity of Lusaka City, Zambia

4月28日

連 美綺(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

東京墨田区における自然災害被害の時空間分析

Niloofar Haji Mirza Aghasi(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

都市の交通事故と都市構造との関係ーテヘランを事例にー

4月21日

候 浩(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

近隣環境からみたウオカーカビリティ評価ー東京大都市圏の事例−

Shyamantha Subasinghe(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

コロンボ都市圏の都市化プロセスと将来予測ー時空間分析技術を利用してー

4月14日

柳 カイ(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

通勤・消費行動からみたマニラ大都市圏の空間構造

2015年

12月3日

馮 競舸(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGIS Proの便利な機能について―つくば市を例に―

王 汝慈(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

minitab statistical softwareの紹介

11月26日

竹下和希(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

カシミール3Dの機能紹介

Gaston Guido San Cristobal(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

パーソントリップデータの使い方

Malinda Siriwardana(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Matlabを用いたランドサット画像の操作方法

11月19日

焦 博磊(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

QGISの紹介と一部の活用

舒 梦雨(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

sharpmap

10月22日

Gerasimos Voulgaris(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

津波被害の最短避難経路に関する時空間解析について〜静岡県首都圏のケーススタディ〜

Siriwardana Malinda(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Matlabを用いたランドサット・イメージ画像のハンドリング

10月8日

竹下和希(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地方出身大卒者の居住地移動と要因分析 ―長野県松本市の高校卒業者を対象に―

9月3日

コンスタンティン・グレーガ(ドイツ航空宇宙センター)

交通需要モデリング,ドイツのモビリティ研究,ベルリンのインターモーダル行動についての紹介

7月30日

侯 浩(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

東京大学CSISが提供するパーソン・トリップデータの紹介

7月23日

柳 カイ(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Matlabによる行列演算とその地理学応用

7月9日

Ronald Estoque(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地理空間分析のためのTerrSet (IDRISI)の紹介

6月18日

佐野浩彬氏(防災科学技術研究所)

浜松市沿岸部における津波避難施設の圏域分析―避難に影響する環境条件に注目して―

6月11日

和田晃氏(日立造船(株))

高精度リアルタイムGNSS測位とその応用

6月1日

ローリー ジョーダン氏(米国Esri社)

画像解析・プラットフォームとしてのArcGIS

5月21日

柳 カイ(筑波大学 生命環境研究科)

ヘドニック回帰モデルに基づく新築住宅の価格に関する研究―中国西安市を事例に

侯 浩(筑波大学 生命環境研究科)

Evaluating Walkability through Neighborhood Design Qualities using GIS: A Case Study of Suburban Areas in Tokyo

Matamyo Simwanda(筑波大学 生命環境研究科)

Spatial Analysis of Land Use/Cover Changes and Urban Expansion in Lusaka City, Zambia

Haji Mirza Aghasi Niloofar(筑波大学 生命環境研究科)

Investigation Between Urban Traffic Accidents and Urban Structures from Spatial Perspective

5月14日

Gerasimos Voulgaris (筑波大学 生命環境研究科)

Tsunami Vertical Evacuation Potential Analysis in the Shizuoka Metropolitan Area

Malinda Siriwardana(筑波大学 生命環境研究科)

A WebGIS Platform for Repository, Processing and Disseminating Urban Land-Use/Cover Maps

Shyamantha Subasinghe(筑波大学 生命環境研究科)

Functional and Morphological Dynamics: Colombo city, Sri Lanka

Hao Gong(筑波大学 生命環境研究科)

Simulating Urban Heat Island Effects by Rapid Urbanization: A Case Study of Shanghai, China

4月16日

Rajesh Bahadur Thapa, PhD(宇宙航空研究開発機構)

ALOSを用いた熱帯森林のカーボン・トラッキング

3月30日

全員((筑波大学 空間情報科学分野)

空間情報科学の諸問題

2月26日

森本健弘(筑波大学生命環境系)

GISにより作成したメッシュデータ作成にもとづく耕作放棄地の地理的分析

1月8日

今井修(東京大学)

フットパス活動におけるルートの検討と記録におけるGISの可能性

2014年

12月11日

Ratu Veby Renita (Professional Staff/Officer at Diretorate of Urban Development-DGSP)

title

Kristanto Hadi(Professional Staff/Officer at Diretorate of Urban Development-DGSP)

title

11月27日

ココルウィン(筑波大学生命環境系)

WebGISを援用した都市化の空間可視化

11月20日

土田雅代(ESRIジャパン株式会社)

ENVIとArcGIS Onlineについて

10月30日

梁 鎮武(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ENVIの利用方法

曲 宇航(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

GISに基づくAR技術

10月23日

張 カンロ(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

landsat-8とは

橋本 操(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

長野県における獣害の発生要因に関する地理学的研究

10月9日

奥 啓彰(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

千葉大学CEReSが提供する衛星画像データについて

欒 雅蓉(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

CEReS Gaiaの概略と有用性

7月17日

連美綺(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatial-Temporal Changes of Land Use in Tao-Yuan Coastal Area

木村祐介(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

スポーツスクールの子ども会員分布とスクールバスルートの影響の分析

7月3日

佐藤 亮吾(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

福島県中通り地方における風の気候学的研究

奥 啓彰(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

東武鉄道東上本線における列車ダイヤの変遷

6月12日

S.I.S.Subasinghe(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Assessment of Location suitability of Dedicated Economic Center (DEC) using GIS; a case study of Keppetipola DEC in Badulla district, sri lanka

6月5日

Matamyo Simwanda(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Evaluating Global Positioning System Accuracy for Forest Biomass Transportation Tracking within Varying Forest Canopy

キョウ 浩(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Mobile Surveying for Urban Heat Islands Effect of Surface Thermal Environment in Micro Scale Area:A case study of the university of tsukuba campus area, Japan

5月8日

松浦俊也(森林総合研究所)

カンボジア中央部における近年の森林減少の空間的特徴

杉本興運(筑波大学 研究員)

観光・レクリエーション研究におけるGISの利用

4月17日

今井修(ジーリサーチ代表取締役・東京大学空間情報科学研究センタ−)

地域づくりにおけるGISの可能性−石川県能登島を事例に−

松浦俊也(森林総合研究所)


多雪集落における山菜採りの時空間的特徴と社会経済評価

2月20日

王尾 和寿(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

通学路における不安箇所データの取得とその空間的特徴

2月13日

サイエダ カレダ(筑波大学 研究員)

バングラデシュの地理−緑の自然と河川の国土−

1月16日

銭 塔娜(茨城大学農学研究科 地域環境科学科)

An investigation of how dose the accuracy of validation data and the definition of LC/LU classes affect the accuracy of land cover maps at the global scale
abstract

1月9日

村山 祐司(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地域調査:フィールドワークからフィールドサイエンスへ

2013年

11月21日

柳 カイ(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Esri maps for officeの応用と事例紹介

薛 キ(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGISモバイル製品の新機能―APPとSDK―

11月14日

久保尭史(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

GISを援用した首都圏鉄道計画支援システムの紹介

周 軼飛(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

TNTmipsを用いたリモートセンシング画像の簡単な処理

10月3日

スプレイグ デイビッド博士 (農業環境技術研究所)

Historical GIS techniques: theories of accuracy, precision, and efficiency in handling historical maps for spatial analysis.

7月18日

Dr. Xuan Zhu (Monash University)

A GIS Approach to the Integration of Indigenous and Scientific Knowledge - a case of the Murray River region, Australia-

6月13日

鳥谷均(農業環境技術研究所)

東北タイ天水田地域のイネの栽培暦(crop calendar)と降水量の変動

5月30日

久保尭史(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

福岡市における交通流動の時空間構造

Konstantin Greger(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

AAGロサンゼルス大会の参加報告

4月18日

中埜貴元(国土地理院)

東日本大震災における液状化被害の空間的特徴?浦安市での事例を中心に

2月14日

王尾和寿(筑波大学)

通学路における危険個所のマッピングとその特徴

花島裕樹(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

古地形を考慮した沖積層基底面の推定手法―中川低地を事例として―

2月7日

秋山怜子(土木研究所)

砂防が使うGIS

水谷千亜紀(筑波大学)

ポリゴン型土地利用データを用いた時空間分析

2012年

12月20日

Niloofar Aghasi(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

MapWindow softwareの紹介

蒋香旭(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

City Engineの機能と有用性

12月14日

Malinda Siriwardana(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

GeoDAによる空間分析

貝沼恵美(立正大学)

フィリピンにおける公正な社会の構築に向けた試み

11月20日

村上翔太(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地球地図データの紹介

趙文�(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

IPSとその応用

劉玲(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

MapServerの機能と有用性

10月10日

Estoque Ronald(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Examining the relationship between error due to allocation in land-cover change modeling and non-stationarity of land-cover change

Kondwani Munthali(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Simulating deforestation trends of Dzalanyama forest reserve in Malawiusing a spatial agent model

Konstantin Greger(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatial Analysis ofTerrorism Vulnerability: A Case Study of Tokyo, Japan

橋本 操(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

長野県におけるニホンジカ・ツキノワグマの生息分布変化と環境条件との分析

Ko Ko Lwin (筑波大学)

Interactive Online GIS System for Massive Surveyed Person Trip Data Visualization and Space-Time Analysis

10月3日

Dr. Courage Kamusoko (アジア航測株式会社)

Calibration and Accuracy Assessment for a Spatial Simulation Model: A Case Study in Malawi

9月13日

Andreas Langner (森林総合研究所)

ボルネオ,カンボジアにおける熱帯林のリモートセンシング

Ronald Estoque (筑波大学大学院生命環境科学研究科)

IDRISI Selvaの使い方

6月8日

Syeda KHALEDA(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Poultry value chain in Gazipur, Bangladesh

5月24日

王尾和寿 (筑波大学)

地域住民とGIS−茨城県東海村のみどりの計画を事例に−

5月17日

Konstantin Greger(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

A Spatial Framework for the Quantitative Mapping of Terrorism Vulnerability in Japanese Urban Areas

Ronald Estoque(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Land use/cover change and landscape fragmentation analysis in Baguio: A hill station city in the Philippines

水谷千亜紀(筑波大学大学院生命環境科学研究系)

生存時間解析における土地利用区分の検討―森林と荒地に着目して

5月16日

蘇磊(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

筑波大学キャンパスGISの構築と活用

Kondwani Munthali(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Multi-agent simulation of farm-based decision making: a deforestation case of Dzalanyama Forest Reserve,Malawi

Syeda KHALEDA(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Geographic Concentration and Development Potential of Poultry Microenterprises

5月10日

KoKo Lwin(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Accuracy assessment of Landsat ETM pan-sharpened images for human settlement areas mapping

山本大策(Colgate University)

事例研究文献の地図化:空間参照データベースによる質的比較分析の可能性

4月26日

氷見山清子(ESRIジャパン)

誰でも使えるクラウドGIS!「ArcGIS Online」で広がるGISの活用場面

土田雅代(ESRIジャパン)

ArcGIS for Smartphones

4月19日

松浦俊也(森林総合研究所)

東北地方の多雪集落における山菜キノコ採りの生態系サービス評価の試み

3月1日

Khwanruthai Bunruamkaew (筑波大学大学院生命環境科学研究科)

エクセルを用いたAHP分析

2月16日

蒋湧 教授(愛知大学)

分散型地理データベースの構築とその運用―愛知大学三遠南信地域連携センターを事例として

2月9日

蘇 磊(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

電子国土の活用

1月26日

大西啓介((株)ナビタイムジャパン社長兼CEO)

位置情報サービスとナビゲーション

2011年

12月8日

劉 珂(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGIS Serverの構成と活用

艾 博翰(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Arcgis Online-誰でも使えるクラウド型GIS

孫 鳴澤(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

つくば市における農業土地利用変化に関する調査方法

11月24日

Gerasimos VOULGARIS(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

GIS extensions and an overview of a GIS extension function
(資料1) (資料2)

山本 敏貴(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcSceneの基本操作と事例紹介

大谷 万里絵(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ArcGIS Animation

10月13日

米澤千夏(東北大学)

衛星搭載SARデータによる水稲生育観測

10月6日

大谷 万里絵(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地球温暖化が野菜生産地の季節性に与える影響

水谷 千亜紀(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

生存期間に着目した土地利用の時空間分析

橋本 操(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

日立市における地震被害と土地条件との関係

Ko Ko Lwin(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Smart Eco-path Finder for Mobile GIS users

杉野 弘明(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

キャンパスGISの構築―生活環境の向上を目指して―

9月29日

秋元 菜摘(東京大学大学院)

人口減少・高齢社会における都市縮退と郊外の生活環境

Dr. Rajesh Bahadur Thapa (Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))

PALSAR data characteristics and applications

9月8日

Khwanruthai Bunruamkaew(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Site suitability evalation for ecotourism using GIS & AHP: A case study of Surat Thani Province, Thailand

Ronald C. Estoque(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatio-Temporal Urban Land Use/Cover Change Analysis in a Hill Station: The Case of Baguio City, Philippines

Kondwani Godwn Munthali(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Land use/cover change detection and analysis for Dzalanyama forest reserve, Lilongwe, Malawi

7月14日

山下亜紀郎(筑波大学)

1930年国勢調査データからの流域マップ作成

6月16日

Konstantin Greger (筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Spatial Modelling and Analysis of Large Man-Made Loss Events Using GIS

Fatemah Admadi Nejad Masouleh(Columbus State Community College)

GIS Online Education

5月19日

水谷 千亜紀(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

ポリゴン型土地利用データを用いた遷移過程の分析

花島 裕樹(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

土地利用分類のオントロジー分析-「公共施設」を事例として-

Pradeep Surantha Dassanayaka(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Flood Disaster Risk Management in Ratnapura, Sri Lanka based on GIS and Remote Sensing Techniques

Khwanruthai Bunruamkaew(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Site Suitability Evaluation for Ecotourism using GIS & AHP: A Case Study of Surat Thani Province, Thailand

5月12日

庄山 紀久子(国立環境研究所)

体系的な土地被覆変化の抽出と分断化指標による解析 −知床開拓跡地における事例−

4月21日

土田 雅代(ESRIジャパン)

Introduction of ArcGIS 10 (英語)

大津留 麻代(ESRIジャパン)

ArcGIS10の紹介と新機能

2月10日

Matteo Gismondi(筑波大学空間情報科学分野)

Opensource softwares and tecnology, what's new?

Khoi Doung Dang(筑波大学空間情報科学分野)

Effect of ancillary data on the performance of land cover classification using a neural network model

1月27日

神谷隆太(筑波大学空間情報科学分野)

電子国土の活用

Dr. Rajesh, Thapa(筑波大学空間情報科学分野)

Spatial optimization of urban growth allocation in Kathmandu Valley, Nepal

2010年

12月9日

仙石裕明(東京大学大学院新領域創成科学研究科)

商業集積地の自動抽出と時空間統合

10月14日

渡辺理絵(筑波大学空間情報科学分野)

The spatial process of smallpox diffusion at a rural district in early modern Japan - A case study of Nakatsugawa district in the Dewa Province-

Dr. Rajesh, Thapa(筑波大学空間情報科学分野)

Spatial modeling of urban dynamics in the Kathmandu valley, Nepal.

9月16日

杉野弘明(筑波大学 空間情報科学分野)

学生によるGISを用いた地域での実践について

森本健弘(筑波大学 空間情報科学分野)

小地域データからのメッシュデータ作成とその利用:農業センサスの例

7月8日

Dr. Courage Kamusoko(アジア航測株式会社)

Modeling Deforestation Baselines for REDD+ Projects: A Comparison of Approaches.

朴 秀京 (筑波大学 空間情報科学分野)

Geographical characteristics of regional-diagnostic based telemedicine networks in Japan: a case of Kagawa prefecture

7月1日

Dr. Ko Ko Lwin (筑波大学 空間情報科学分野)

Network Distance Based Ecofriendly Walks Score Calculator

Kondwani Godwn Munthali (筑波大学 空間情報科学分野)

Image Rectification and Enhancement
[manual]

6月24日

小荒井衛(国土地理院)

高分解能リモートセンシング技術を使った災害状況把握

岡谷隆基(国土地理院)

航空機及び衛星SARを用いた数値標高モデルの抽出技術の開発

5月20日

Khoi duong dang(筑波大学 空間情報科学分野)

Projecting deforestation patterns in Tam Dao National Park region, Vietnam

Kondwani Godwn Munthali(筑波大学 空間情報科学分野)

Reservoir siltation and flood control: estimating sediment yield of the songwe river watershed

4月22日

Chandra I. Wijaya(筑波大学 空間情報科学分野)

Land Use Classification using Image Segmentation and K-Nearest Neighbor: An Introduction to ENVI EX

Rajesh Bahadur Thapa(筑波大学 空間情報科学分野)

Monitoring spatiotemporal patterns of urbanization using satellite remote sensing data- a collaborative research with Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)-

2月22日

林 寧(海南大学)

Research on urban Open Space for Humanization Designing in Haikou.

1月28日

松浦俊也(森林総合研究所)

GISを用いた多雪山地集落における山菜分布・採取環境の特徴把握

1月7日

Matteo Gismondi ,花島裕樹(筑波大学 空間情報科学分野)

QGIS workshop

2009年

12月21日

山下亜紀郎(酪農学園大学)

The creation of land use mesh data of Asian seven mega cities in three periods

12月17日

橋本 操 (筑波大学 空間情報科学分野)

ArcGISデータコレクションの紹介

Zhang Yu Min(筑波大学 空間情報科学分野)

Spatial-temporal Modeling of Urban Dynamics: A Case Study of Tokyo Metropolitan Area

11月26日

Chandra I. Wijaya(筑波大学 空間情報科学分野)

Land Use Change Modeling using Spatial Logistic Regression; a case study of Siak Dstrict, Riav Province, Indonesia.

曽我俊生(筑波大学 空間情報科学分野)

MRI市町村合併対応データ集計ツール
ゼンリン電子地図張 Zi professional 7 の紹介

10月8日

Charles N. Mundia (筑波大学 空間情報科学分野)

Analysis of land use/cover changes and wildlife population dynamics in a wildlife sanctuary in East Africa.

花島 裕樹(筑波大学 空間情報科学分野)

土地利用データにおける主題属性の誤差評価

橋本 操(筑波大学 空間情報科学分野)

ヒグマの胃内容物とGISを使用した野生動物と人間の生活空間との関係分析

9月11日

丹羽雄輔(ESRIジャパン株式会社)

IMAGINE製品の概要.

丹羽雄輔(ESRIジャパン株式会社)

IMAGINE Objectiveの概要とその利用:Objectiveの簡単な機能説明と地物抽出のデモ.

9月3日

Khoi Duong Dang(筑波大学 生命環境科学研究科)

New feature of IDRISI Taiga

花島 裕樹(筑波大学 生命環境科学研究科)

An evaluation of the human interpretaion error in geographical data -a case study of Land use

7月2日

Luan qiaolin(筑波大学 生命環境科学研究科)

Research on Rubber plant nutrient management information system based on GIS

6月11日

上江洲 朝彦(筑波大学 生命環境科学研究科)

都市構造から見た沖縄本島中南部における車社会の形成過程

YoungJoo Lee(東京大学 CSIS 特任研究員)

(海外NSDI政策の比較分析)

5月19日 (第4回つくばGISサロンと合同開催)

末吉 滋(国土技術政策総合研究所 高度情報化研究センター)

地理空間情報プラットフォームについて

稲葉 清隆(つくば市 都市建設部 都市計画課)

つくば市都市計画マップについて

鈴木 茂雄(ESRIジャパン株式会社 技術統括グループ)

ESRI製品最新トピックス

高岸 且(株式会社パスコ 衛星事業部 技術部)

TerraSAR−X応用事例の紹介

5月14日

花島 裕樹 (筑波大学 生命環境科学研究科)

地理情報における曖昧な不確実性の評価

Koko Lwin (筑波大学 生命環境科学研究科)

A Computer Simulation of 3D GIS Walkable City.

Matteo Gismondi (筑波大学 生命環境科学研究科)

Spatial and social behavioural analysis during and after the 2004 Chuetsu Earthquake. The Kawaguchi Village case of study.

4月16日

Charles Mundia(筑波大学 生命環境科学研究科)

Land Use/Cover Changes in Masai Mara Ecosystem: A threat to Wildlife Sanctuary in East Africa.

朴 圭泰(筑波大学 生命環境科学研究科)

地方都市における中心市街地の変容と活性の取り組み-茨城県土浦市を事例として-

2月26日

宮崎 浩之 (東京大学空間情報科学研究センター)

ASTER衛星画像を用いたグローバル都市域マッピング

1月22日

永山 透 (国土地理院)

土地利用の適性分析とオランダ空間政策から学ぶこと-日本における持続可能な土地利用のために

2008年

12月18日

水谷千亜紀

SPSSをはじめよう

花島祐樹

GRASS GIS入門

11月20日

Dr. KAMUSOKO, C

Markov-cellular automata model for simulating land use/cover changes in the Bindura district, Zimbabwe

Matteo Gismondi

An introduction to the open source world

秋山祐樹(東京大学・院)

デジタル地図と電話帳データの統合による都市の事業所・テナント変化の時空間解析

10月16日

水谷千亜紀

つくば市における社会経済の動向と土地利用変化の時空間分析

タパ=ラジェッシュ=バハドール

Driving Factors of Land Use Changes in Kathmandu Valley, Nepal

水谷千亜紀

土地利用遷移予測モデルの構築

9月11日

松浦俊也(独立行政法人 森林総合研究所)

デジタル標高データを用いた地形認識モデリングとその応用

上江洲朝彦

パーソントリップデータのGISを用いた解析と考察

7月17日

渡部 金一郎(国土地理院)

地震発生前後2時期の空中写真を用いた倒壊家屋自動抽出手法

笹川啓(国土地理院)

2時期の航空写真/人工衛星画像を用いた自動変化抽出

6月12日

秋本祐子(筑波大学生命環境科学研究科)

足尾山周辺で発生するアーベントテルミックの発生メカニズム

渡辺理絵(筑波大学生命環境科学研究科 JSPS特別研究員)

近世日本における天然痘の空間的拡散過程−米沢藩領14カ村を事例にして−

5月22日

水谷千亜紀(筑波大学生命環境科学研究科)

地域メッシュ統計を用いた土地利用と人口分析:つくば市を事例として

山本倫芳(筑波大学生命環境科学研究科)

Network Analystを用いた家庭ごみ収集経路の最短経路分析

4月10日

Khoi Duong Dang(筑波大学生命環境科学研究科)

Intoroduction to IDRISI ANDES

Fatemeh Ahmadi Nejad Masouleh(筑波大学生命環境科学研究科)

A Spatial Analysis of the Availability and Safety of Infrastructure for Pedestrians and Cyclists

3月27日

小荒井衛(国土地理院 地理地殻活動研究センター)

航空レーザ測量を活用した環境解析研究

2月21日

Hemakumara(Senior Lecturer,Department of Geography,University of Ruhuna,Sri Lanka )

GIS based Rectification of GN (Villages) boundaries for household Planning

Dr. Charles N. Mundia(日本学術振興会,外国人特別研究員)

Land use/cover changes and Urban growth of Nairobi city

高松大樹(筑波大学生命環境科学研究科)

アドレスマッチングツール(自動検索くん)の使い方

1月24日

花島裕樹(東京学芸大学大学院教育学研究科)

地理情報システムにおける定性的空間推論の適用に関する研究

Khoi Duong Dang(筑波大学生命環境科学研究科)

Integrated Spatial Decision Support Model for Sustainable Land Management

2007年

12月20日

永村恭介(筑波大学生命環境科学研究科)

Multi-Specの紹介と応用事例

11月22日

趙 鳳琴(中華人民共和国 遼寧師範大学生命科学学院 講師)

Research on Security of Land Ecological Environment

Tofael Ahamed(Bangladesh Agricultural University)

Resource management for sustainable development: community and GIS based approach

浅井崇俊(生命環境科学研究科)

つくば市における歩行行動の特性と歩行環境評価

11月15日

大橋智美((株)地域計画連合)

トロントでの留学生活を振り返って

10月11日

張 育民,水谷千亜紀,Ko Ko Lwin(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

地理情報システム学会第16回研究発表大会にむけて

9月6日

駒木 伸比古(筑波大学生命環境科学研究科)

ArcViewとSISの比較−いくつかの分析を通じて−

6月7日

水谷千亜紀(筑波大学生命環境科学研究科)

ESRI社でのインターンレポート

5月17日

王尾和寿(筑波大学生命環境科学研究科)

筑波大学ジオグラフィーネットワークの紹介

1月18日

Ko Ko Lwin(株式会社ビジョンテック)

A Construction of Testbed for GIS Integrated Public Survey System for Disaster Management (Case study in Tsukuba city)

2006年

12月7日

Fatemeh AHMADI NEJAD MASOULEH(筑波大学生命環境科学研究科)

Using WVD18 to Construct Voronoi Diagrams

10月26日

水谷 千亜紀、浅井崇俊、林 幹大(筑波大学生命環境科学研究科)

Arcpadを用いた土地利用調査法

9月7日

日下 博幸
(筑波大学生命環境科学研究科・講師)

ヒートアイランドと私の研究

7月27日

Rajesh Bahadur Thapa
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Potential of future transportation infrastructure in South East Asia

6月22日

崔 暁臨
(筑波大学外国人研究員)

Researching land-use change causes of loess plateau region in northern Shaanxi Province: A case of Jingbian County

4月27日

水谷 千亜紀
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

リモートセンシングによる環境評価・診断法に関する研究
‐遺伝的アルゴリズムによる人工衛星画像の補正法-

2月23日

早川 裕一
(東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 (空間情報科学研究センター) )

Topographic map and DEM construction using a handy laser range finder and GIS: Applications to geoarchaeological surverys in Syria and Turkey

Jan. 20, 2006

Chattichai Waisurasingha
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Utilization of RADARSAT Data and Digital Elevation Model to Assess Flood Damage for Rice Production in Chi River Basin Flood, Thailand

2005年

12月1日

Courage Kamusoko
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Land Use/Cover Dynamics and Analysis of Landscape Change Pattern in the Bindura District, Zimbabwe Using Remote Sensing and GIS

11月17日

Charles Ndegwa Mundia
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)

Dynamics of land use/cover changes and modeling urban growth of Nairobi city using cellular automata and geographical information system

10月28日

小花和 宏之
(東京大学空間情報科学研究センター)

STRIPE法を用いたDEMの作成および3次元的な地形変化量の計測

5月12日

Prof. Thad Wasklewicz
(University of Memphis)

GIS Education and Certification Programs at University of Memphis

鈴木 勉
(筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻・助教授)

Recent Developments in Facility Location

5月12日

Prof. Thad Wasklewicz
(University of Memphis)

GIS Education and Certification Programs at University of Memphis

1月20日

鈴木 勉
(筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻・助教授)
Recent Developments in Facility Location
2004年
11月28日
河端瑞貴
(筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻・講師)
GISを用いた空間・交通ミスマッチの実証分析
   
10月28日
村山祐司
(筑波大学生命環境科学研究科・教授)
GISと空間分析―空間データ分析ツール「SDAM」の開発―
   
6月10日
山下亜紀郎
(東京大学空間情報科学研究センター・研究機関研究員)
東京大学空間情報科学研究センターが提供する研究支援サービス
   
5月20日
王尾和寿
(筑波大学大学院人間総合科学研究科・博士特別研究員)
流域を単位とした地域景観構造の解明
2月26日
王尾和寿
(筑波大学大学院人間総合科学研究科・博士特別研究員)
流域を単位とした地域景観構造の解明
2月26日
松浦俊也
(筑波大学大学院生命環境科学研究科)
数値標高モデルを用いた台地・丘陵地の地形と景観の構造的記述手法の開発と応用 - 谷津の自動抽出とその景観特徴記述手法の開発、および鳥類生息地の特徴の定性的推定への応用 -
Semantic modeling of landforms and landscapes in hills and uplands using digital elevation models. - Automated identification of Yatsu valleys for describing landscape features and its applications to qualitative estimations of bird habitat -
 1月15日
衣笠聡史(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所) 東アフリカ先史遊動社会の土地利用戦略に関する研究 ―タンザニア・セレンゲティにおける石器分布のGIS解析―
Land Utilization Strategies of the Prehistoric East African Nomadic Society: A GIS-based Analysis of the Surface Archaeological Record in Serengeti Area, Tanzania
2003年
12月16日
石岡義則(ESRIジャパン技術部) 高解像度衛星データ活用セミナー in 筑波大学
10月
石岡義則(ESRIジャパン技術部) 画像解析ソフトEARDAS IMAGINE講習会
9月18日
栗島英明(筑波大学博士特別研究員) 東京都都市計画地理情報システムとその活用
7月17日
森本健弘
(筑波大学地球科学系)
GPSとGISを活用した土地利用図の作成・分析について
6月19日
山下亜紀郎
(筑波大学大学院地球科学研究科)
数値情報を利用した主題図の作成方法